2018年6月8日金曜日

架台の設計について(たわみ)

架台の設計で、頭の痛いのが部材のたわみです。

設計者以外、殆どの方が重要視されませんが、架台に限らず鋼構造物でよく問題になります。
コンクリートや木材でも生じますが、鋼材で特に顕著になります。

力を加えると、部材は、しなり、変形します。
その変形量が大きすぎれば、様々な問題が生じます。
鋼構造の基準でも、たわみの制限があります。

設備架台で言えば、機器を載せると、その重みで、部材が沈みます。
1mm、2mmなら問題ありませんが、10mm,20mm,30mmとたわむと、部材の変形に配管等が追従できず破損。
部材の変形により、機器と架台の固定用ボルトが破断等が起こる可能性があります。
また、機器によれば、傾くことが厳禁なものもあります。

部材が強度的に大丈夫なことと、たわみで問題が生じないことは別です。
同じ機器用の架台でも、架台の支持スパンが長くなると、たわみ量は指数関数的に増大します。
その為、設計では、部材が強度的に問題なくても、たわみが大き過ぎるために、部材サイズを大きくしたり、支持する基礎を追加することは、普通に行われています。
実際、たわみが1mm、仕様より大きかった為に、部材サイズを上げたり、基礎を追加したこともあります。

もちろん、部材を大きめにしておけばよいのですが、重量も重くなり、経済的にもよくありません。
対応方法はあることはあるのですが、大規模な建築物ならともかく、小規模建築、特に架台ぐらいですと、その対応の為に、鋼材を加工する手間とコストを考えると使えません。

I.I

2018年6月1日金曜日

ベルベース使用例

ある太陽光発電パネルを扱われている会社のHPを見ていて、少し嬉しいことがありました。

設置例の写真を公開されていたのですが、その太陽光架台にベルベースが使用されていました。

別にこの会社と提携を結んでいるわけでもなく、ベルベースについて触れられているわけでもありません。

純粋に一設置例の基礎がベルベースであっただけです。

このように自然に写り込んだものが増えれば、ベルベースがそれだけ一般的になったと言うことです。

I.I

2018年5月10日木曜日

架台の設計について(鋼材)

ベルテックは、元々、ベルベースだけを販売していました。
架台は、お客様の対応でした。
しかし、架台の鉄骨も一緒に納入して欲しいとの要望が増えてきた為、ベルテックでも架台の設計、製作を始めました。
やはり、結構いろいろ大変です。
その際のエピソードを書いていきたいと思います。

架台は鉄骨で製作するのですが、一部の鉄骨は呼び方が間違えて広まっている為、他者に伝えるときに注意が必要です。
建築士でも、普段、鉄骨を扱われていない人は、間違えて使う人もいます。

鋼材には、溝形鋼とリップ溝形鋼(通称Cチャン、もしくはC鋼)があります。
これは、下図のように似ていますが、異なるものです。

溝形鋼


リップ溝形鋼(通称Cチャン、もしくはC鋼、軽量溝形鋼)

ところが、これがごっちゃになって使われています。
溝形鋼をCチャンと言ったり、表記する。または、その逆。

ですから、客先から「架台は、Cチャンにしてください。」というような話があっても要注意です。
確認すると、溝形鋼を希望されていたりします。

製作依頼する時も、気をつけなければなりません。
誤解のないように表記する必要があります。
鋼材は外形寸法だけ表記し、板厚は省略することも多いのですが、溝形鋼とリップ溝形鋼に関してだけは、間違いの元です。
外形寸法だけだと区別が付かないものがあります。
板厚まできちんと表記して、間違いのないようにしています。

I.I

2018年5月1日火曜日

太陽熱温水パネル

太陽熱温水パネルの架台を載せた案件です。
今、屋上に置くパネルと言えば、太陽光発電を意味します。
「屋上にパネルがある」と言えば、太陽光発電パネルをイメージします。
でも、以前は、温水器でした。
太陽の熱を利用してお湯を沸かしていました。
過去形で語りましたが、もちろん今も現役です。

と、言いながら、最初、この案件でパネルを設置すると聞いた時、発電パネルだと思っていました。
ところが、図面を見ると給排水の配管がありました。
配線を配管と書き間違い? たまたま、パネルの側に給排水があるだけ?
しばらく悩みましたが、太陽熱を利用する温水器に思いいたりました。

太陽熱温水パネル

I.I

2018年4月24日火曜日

カタログ用写真撮影

HPにもカタログにも掲載していなかったベルベースシリーズ ベルベースP-S、ベルベースP-G が掲載されることになりました。

今日(2018年4月23日)は掲載用のベルベースの写真撮影です。

プロのカメラマンに来ていただきました。
撮影準備を手伝い、見学もできました。

それで思ったのですが、意外に撮影時、照明は暗いです。
強い光だと表面が反射したりしてよくないのは知っていました。
特にベルベースのような金属の表面が反射しやすいものは、なおさらです。
それでも、薄暗いと言っていいぐらいの中で撮影するとは思ってみませんでした。

写真は、近いうちにHP等で公開される予定です。

ベルベースP-G
撮影風景
I.I

2018年3月20日火曜日

看板基礎

ベルベースは、コンクリート基礎に変わるものですので、太陽光発電や空調設備を初めとした屋上設備の様々な物の支持に使われています。
太陽光発電や空調設備は、設置数が多いのでベルベースも多く支持しています。

ところが、看板は屋上にたくさん設置されている割には、不思議にベルベースを使う話は少ないです。
条件や予算が合わないからというのではなく、看板設置の話自体がまずありません。

看板の設置は、意外に法規制が細かかったり、条例で規制や制限があったり、手続きが煩雑だったりします。
(自治体にもよるのですが、大型設備の設置は規制がないのに、小さな看板を付けるのに申請が必要だったりします。)

その為、後から追加したり、変更したりは難しいので、看板用の基礎工事自体が少ないのかもしれません。

I.I

2018年2月27日火曜日

手摺・フェンス基礎 (4)

手摺・フェンス基礎 (1)で、基礎だけ設置した写真を載せましたが、手摺や機器が設置されましたので、ブログに載せます。

ベルベースの設置工事と手摺や機器設置工事は、別で、間があくことも多いです。



I.I